太陽光発電10周年の話

太陽光発電 雑記
docchi
docchi

今日は投資を離れて太陽光発電の話です。

ま、お金絡みの話ではありますが。

docchi家の太陽光発電がめでたく10周年を迎えました。とはいうものの、太陽光発電にとって10周年はあまりめでたい話とも言えません。

太陽光発電とは屋根にソーラーパネルを載せることで太陽の光を使って電気を作ります。必要な電気は自宅で使い、使い切れなかった分は電力会社が買い取ってくれます。

太陽光発電を普及させるため、使う電気代に比べて売る電気代は非常によい相場でした。docchi家の場合でいうと、使う電気代はおよそ24円(1kwhあたり)ですが、売るときの電気代は48円(1kwhあたり)でした。倍の金額で電気を買い取ってもらっていたことになります。この前までは・・・

実はこの金額で買い上げてもらえる期間が10年間だったのです。この10年間、毎月1万円から1万5千円くらいが入金されていました。お日様さえ出ていれば黙っていても入金されていたのです。

 

10年間が終わり、今度はいくらになったかというと・・・

 

なんと!

 

8.5円(1kwhあたり)!

48円から8.5円ですから、これがもし配当金だったら株価は大変なことになるに違いありません。でもこれが太陽光発電の現実。もう少し高く買ってくれる会社もあるようですが、どうも手続きをする気になれません。蓄電池も出ていますが、ローンを組んでまで設置する気にもなりません。蓄電池のリースの話も聞きましたがさほどメリットが感じられませんでした。

ということで、来月からは不労所得がガクンと減ることになります。

もう一つ残念なことに、docchi家、まだ投資額が回収できていません!ローンこそ繰上返済して完了していますが、現状では株でいえば含み損状態・・・そうです。電気代の買い取り価格も高かったですが、設置費用も10年前は高かった!

docchi家の場合、設置にかかった金額は、2,867,694円。これは実際の費用から国や都からの補助金を引いた実質の金額です。あ、一度発電量を表示するモニターを落として壊してしまって、その交換費用も含まれています。太陽光発電関係の数値を表示する機能しかないのにノートパソコンが買えるくらいかかりました。

10年間でどれだけ回収できたかというと・・・

  • 売電 余って売った電気代      1,644,624円
  • 消費 家で使って買わずにすんだ電気代 579,454円

回収額は合計で2,224,078円となりました。

現状、-643,614円です。売電額がぐんと減るこの先、いつになったら回収できるのやら・・・

さらに、屋根に乗せるソーラーパネルはともかく、発電した電気を家庭で使える状態にする部品の耐用年数は10年前後のようです。プラ転するまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

とはいうものの株と違って一度プラ転してしまえば後はひたすら右肩上がり!のはず!!プラ転する日を夢見て今日も発電モニターを眺めます。

タイトルとURLをコピーしました